HOME SNS HP PressPost AEROPRES

東急不動産(販売代理・東急リバブル)から不利益事実を隠して問題物件をだまし売りされた著者(=原告)が消費者契約法に基づき売買契約を取り消し、裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟、東京地裁平成18年8月30日判決、平成17年(ワ)3018号)で売買代金を取り戻した闘いの記録。
裁判における当事者と裁判官の緊迫するやり取りを丹念に再現
個人が不誠実な大企業を相手に闘うドラマがある!
裁判と並行して明らかになった耐震強度偽装事件の余波や欠陥施工、管理会社・東急コミュニティーの杜撰な管理にも言及し、深刻化を増すマンション問題の現実を明らかにする。
東急不動産のために働いた地上げ屋(近隣対策屋)が暗躍し、住環境を破壊する高層マンション建築紛争と共通するマンション建設の闇に触れる。
●目次 まえがき 東急不動産を提訴  東急不動産の弁論欠席  弁論準備手続開始 東急不動産の証拠改竄を指摘  東急不動産の図面集捏造に反論  倉庫との虚偽説明を糾弾 アルス東陽町での進行協議  証人尋問  地上げ屋の証言  原告への陰湿な攻撃 東急不動産従業員の証言  偽りの和解協議  東急不動産の卑劣な提案  予定調和の協議決裂 東急不動産に勝訴  東急不動産の遅過ぎたお詫び  耐震強度偽装事件と欠陥施工  勝訴の影響 社会正義の実現のために
ISBN978-4-904350-13-3 C0032 46判 110頁 定価1100円+税

ご注文は 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った ジュンク堂書店 BK1 JBOOK 楽天 TSUTAYA 紀伊國屋 HMV 本や boople e-hon Amazon まで

東急不動産で買ってはいけない 記者団 法なび RBB JUGEM 読書メーター ブクログ エアロ NewsAsiaBiz ComSearch はてな 山岡俊介 北芝健とは @PEDIA HMV林田 新刊

アマゾン Amazon 読書メーター Neolog 書籍オンライン販売 参入

hayariki yaplog 楽天

不当逮捕 (講談社文庫)
戦後という波乱に満ちた、無秩序だか半面において自由闊達な気風に溢れていた時代、新聞記者はスターであり、英雄であった。とりわけ、読売社会部の立松和博は数々のスクープで乱世に光彩を放っていた。その立松記者が、売春汚職報道の“誤報”で突然逮捕された。第6回講談社ノンフィクション賞受賞作。
不当逮捕 (講談社文庫)

不当逮捕 (講談社文庫)
By ナンシー・テイラー ローゼンバーグ
罠に陥ちた女性警官 命懸けの反撃!!
セクハラ、暴行、捏造。権力の腐敗と粛清をリアルに描く警察小説。
レイチェルはカリフォルニア州、オーク・グローブ署に勤務する女性警官。二人の子を育てながら夜間パトロールを担当している彼女は、同僚グラントの卑劣な行為を目撃して、告発しようとする。だが口止めのために彼から暴行を受け、さらに何者かの罠にはめられて逆に訴追、勾留されてしまう! 迫真の警察小説。
不当逮捕 (講談社文庫)

恐怖のリビア監獄脱出記―“不当逮捕”された商社マンの痛恨の記録 (カッパ・ブックス)
By 杉山 博敏
カダフィ大佐の独裁政権下、凶暴ともいえる反英米の姿勢を貫くリビアは、いわば“世界の鬼っ子”だ。著者は、そのリビアに商社マンとして滞在、出国まぎわに、ささいなことから、うむをいわさず逮捕されてしまう。そして、彼がリビア監獄の“塀の中”でみたものは?
恐怖のリビア監獄脱出記

逮捕されるまで 空白の2年7カ月の記録
2007年、千葉県市川市のマンションで英会話講師が殺害された事件で殺人と強姦致死の罪で起訴されている著者が、事件の後、2009年11月に逮捕されるまでの約2年7カ月の間、どこにいて、どのような生活をし、何を考えてきたかまとめたものである。
東京→北関東→静岡→東北→四国→沖縄→関西→九州。
電車、船、バス、自転車、徒歩で転々と移動した。誰にも語らなかった、「逃げた後、捕まる」まで。
2年7カ月の間、どこにいて、どのような生活をし、
何を考えてきたのか。
市橋達也、拘置所からの懺悔の手記。
「卑怯にも逃げてしまった。被害者の方、さらにたくさんの人たちをもう一度傷つけることになった。すべてのものから逃げるのはやめよう、と決めた。2007年3月26日に警察から逃げて、2009年11月10日に逮捕されるまでの2年7カ月の間、どこにいて、どのような生活をし、何を考えてきたか。そこから逃げずに、自分が犯した罪の懺悔のひとつとして記したい。これによってどう批判されるかもわかっているつもりです。」
逮捕されるまで 空白の2年7カ月の記録

「逮捕・起訴」対策ガイド―市民のための刑事手続法入門
万一、あなたやあなたの家族や友人が犯人扱いされたり、犯人となってしまった場合、どうすればよいのか?気が動転したりしてパニックになってしまうことが多いはず。本書はそういう人たちのために、逮捕から起訴、そして裁判から万一の服役まで刑事手続法の一切を、あなたの立場に立ってやさしく解説する。
「逮捕・起訴」対策ガイド―市民のための刑事手続法入門

「官僚は犯罪者」は世界の常識
By 高山 正之
止まらない官僚の天下り、相次ぐ公務員の犯罪、不祥事。はては過剰な規制で経済・社会を衰退させる「霞が関の罪」を一刀両断!
タカリの構造は明治維新から始まった。「官僚は優秀」という真っ赤なウソを暴く。
「官僚は犯罪者」は世界の常識

犯罪者の自伝を読む ピエール・リヴィエールから永山則夫まで (平凡社新書)
By 小倉 孝誠
世を震撼させる凶悪犯罪。事件の異常性を喧伝する報道の陰で、不可視にされてきたものとは何か。自伝分析から、犯罪者を線引きし創り出してきた社会の負の循環が浮彫りになる。
尊属殺人事件、無差別連続殺人事件、人肉食事件…世を騒がせ、人々を震憾させる凶悪犯罪。犯行の異常性ばかりを喧伝するメディアの陰で、見えにくくされたものとは何か。自伝分析から、犯罪者を線引きし創り出してきた社会の「負のメカニズム」の輪郭を描き出す。狂信者から性倒錯者、精神障害者まで―犯罪者とは、だれなのか。
犯罪者の自伝を読む

「在日コリアン」ってなんでんねん? (講談社プラスアルフア新書)
韓流、反日で21世紀の在日はこう変わる!在日コリアンへの差別はなくなったのか、民族共生は実現するのか……関西きっての在日毒舌家・朴一大阪市立大学教授が、在日問題の基礎知識を熱くオモロく記す!
国籍、参政権、入居、就職…。「隣人」たちが背負うこれだけのハンディキャップを、嫌・嫌韓流!在日一の毒舌論客が明かす。月刊誌『論座』『環』『ユリイカ』等の雑誌に発表した論稿に、4本の書き下ろし論文を追加。
「在日コリアン」ってなんでんねん?

在日韓国・朝鮮人―若い世代のアイデンティティ(中公新書)
さほど問題なく日本社会に適応しているかのようにいわれる在日韓国・朝鮮人の若者は、実際には、その多くが成長の過程で日本人側の偏見と差別にぶつかり、アイデンティティの葛藤を体験している。だが、彼らの存在と意識は、実に多様化し揺れ動いている。本書は、2世・3世と呼ばれる人々の聞き取り調査を通して、民族問題とそのアイデンティティを考えるとともに、日本社会の構成員としての90年代の「在日」の生き方を模索する。
在日韓国・朝鮮人